三井住友VISAクラシックカードは、セキュリティ面で強い

三井住友VISAクラシックカードは年会費1000円程度で利用出来、月額100円なのでほとんど無料みたいな金額です。ポイントが0.5~付くのでカードを利用して月に2万以上利用すれば元は取れると思います。コンビニやスーパー等々での日常品の買物だけでも2万は軽く越えてしまうのでクレジットカードを利用した方が断然お得。セブンやファミマ、ローソンの大手コンビニはポイントにボーナスが付きます。カード対応しているお店では全てカード決算をして月平均で5~6万の利用ですが1万弱のポイントが付くので結構良いです。また、現金で買物をするよりも決算が早いので時間も節約出来ます。ポイントはマイレージは勿論、AmazonギフトやGoogleplayなどのギフトカードと交換出来るので使い道は無限にあると思います。ふるさと納税寄付なんかも出来ます。使いすぎてしまう心配等もあるかと思いますが、専用のサイトで確認出来るのでこまめに確認すれば大丈夫だと思います。VISAブランドだけでは無く、masterカードも発行出来るので二大ブランドを同時に持てるのも良いかと思います。一通りの保険が揃っており海外での利用も安心。緊急時の対応も365日無休で行っているので対応して貰えます。一応キャッシングも使えるのでどうしても現金が必要なら利用できます。

クレジットカードの利便性について。

年会費無料。200円につき1ポイント(ときめきポイント)進呈。ポイント2倍又は、5倍の日があり、購入した商品によってはボーナスポイントが付く。電子マネーのワオンカードからオートチャージの設定をしておけば、ワオンカードの残高不足時に設定した額が自動でイオンカードからワオンカードにチャージされ現金チャージの手間が無く便利。更にオートチャージ時も、ときめきポイントが付き、尚且つワオンカードでの支払い時にワオンポイントが付くので2倍にお得感がある。溜まったポイントはカタログから商品を選ぶ事ができて非常に楽しい。気に入ったものがなければ商品券やワオンポイントに交換する事が出来て、ワオンポイントに交換すれば、買い物時に更にポイントが付くのでお得。お店で買い物時も小銭などのやり取りが無くスムーズでスピーディ。レシートなどを確認しながら利用額を計算すれば1か月の利用額も調整でき、使いすぎる事はないと思うが日本ではまだまだカード支払いを敬遠する様子が多く見られる。現金の流通が多ければ多いほど人件費がかかり商品の高騰に繋がると聞いたことはあるが(本当かどうかは知らないが)景気が良くならないい原因の一つではないかと思っています。

ホンダCカード(UCカード)について

年会費は税別で1500円です。ポイントはHonda販売会社の車両購入・メンテナンスで2%、ETCやカード支払いで1%が貯まり5年間有効です。ポイント還元は、Honda車検・点検、二輪新車車両購入で1ポイント=1円、Honda四輪新車・中古車購入時で2ポイント=1円、いつでもEdyで10ポイント1円です。付帯サービスにHonda C-card Club Offで国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスが優待価格で利用できます。ETCカードは年会費無料です。私は公共料金や新聞代、電話代、日常の買い物をこのカードで支払い、車検時の支払いにポイント還元を充てています。2万以上のポイント還元になり手続がディラーでできるので利用が簡単で助かっています。

携帯電話の料金をクレカ払いに切り替えました

クレジットカードを支払いに利用していると、知らないうちにポイントが加算されていますが、微々たる量でなかなかまとまったポイントにはなりません。ただ、それでもいろいろな場面で使用していれば塵も積もっていくものです。以前から公共料金などのもクレジットカード払いにしてポイントを集めようと考えていましたが、この度、買い替えと同時に携帯電話の利用料金をクレカ払いに切り替えることにしました。1ヶ月で数千円程度の支払いですが、それでも年換算すればかなりの金額になります。割引はされませんが、各キャリアと相性のいいクレジットカードであればかなり換金率が高いのが魅力です。思った以上に効率よく貯められたので、もう少し早く切り替えておけばよかったなと思いました。

クレジットカードの便利さ

海外に住んでいる私からすると、クレジットカードは無くてはならない存在です。そこらじゅうのコンビニなどですぐに現地のお金を引き出すことが出来る。しかも買い物をするとき現金で払うとポイントが付かないが、クレジットカードなら少なくともポイントがもらうこともできるので、知らぬ間にポイントがたまっています。それに、財布にお金がないときは代わりにクレジットカードがあった時の安心感と便利さは凄く気に入っています。よく海外に行くことがあるので、クレジットカードは凄く便利です。飛行機のチケットを買う時クレジットカードを使って携帯からすぐにチケットを購入できます。私はすでにクレジットカードがないとすごく困るのでカードの便利さに感謝しています。

ポイント還元でクレジット利用がお得になりました

電話代などの通信費や食費などの生活費をクレジットでの支払いにしています。それぞれ違うクレジットカードを選ぶのではなく、1つのクレジットカードでまとめています。そうすると限度額内での利用となるので、無駄遣いも防げますし、なりよりポイントがたまりやすくなります。カードはポイント還元率の高いものを使うようにすれば、どんどん知らない間にポイントが貯まっているんです。気が付けば1万円分くらいのポイントがたまっていて、そのポイントを以前から欲しかったものなどを買う時に使ったり、少し豪華な食費に充てたりと、大変お得です。大きな病気をして入院した時などの、多額の支払いが必要になった際に使えるクレジットカードも、別に準備しています。こちらのカードもポイント還元率の高いものを使っています。大きな出費があると気持ちが辛くなりますが、ポイントが貯まっているのをみると、少しだけ嬉しくなります。

楽天カードはとても便利です

40代男性です。クレジットカードは3枚所有していますがメインで使っているのは楽天カードです。理由はポイントが溜まりやすくとても使いやすいからです。公共料金や家賃の引き落とし、スーパーの買い物、ネットショッピングなどあらゆる支払いを楽天カードで行っているため月に数千円はポイントがたまることも結構あります。ポイントの使い道も楽天市場での買い物に使えるので日用品や食料品、趣味のものとなんにでもポイントが使えます。その他にも楽天e-NAVIというものがありカードの利用明細をオンラインで即座に確認できるので今月はどれくらい使ったかな?と家計簿の代わりにもなり便利です。実は先日カードを紛失してしまったのですが紛失の電話の対応も丁寧でわかりやすく1週間ほどで無料で再発行してしまいました。メインのカードは楽天カード1枚あればお得だし十分だと思います。

クレジットカードで海外旅行保険を利用できる!

私は、年に何回も絵画院に旅行をしています。以前はそのたびに海外旅行保険に加入していましたが、海外旅行保険が自動付帯しているマルイのカードを作ってからは、海外旅行保険に入る必要がなく、安心して海外に旅行できるようになりました。昨年秋に海外旅行した際に、足をくじいてしまい、現地の病院にお世話になった時に病院の受付に海外旅行保険付きのクレジットカードを持っている旨を伝えました。すると、保険引受会社の三井住友海上保険について専門で担当している日本人の方に連絡を取ってくれたので、保険を使う場合の書類の書き方等を教えてもらえて、手続きをすることができました。病院の診察代やレントゲンの費用など、もしも自費で支払っていたら結構な金額になるはずの費用がカードの保険に適用されて、全て支払ってもらうことができました。カードに付帯している海外旅行保険は、あまり使えないようなことをいう人がいるようですが、的確な手続きを取れば、便利にお得に利用することができます。

誰でも行ける国内旅行

我が家では、マイレージプラスセゾンカードを使い年間決済を約140万円程しています。このカードは、年会費が1,500円(税抜)ですが年間5,000円(税抜)の追加料金を払いマイルアップメンバーになると1,000円につき15マイルが貯まります。年間決済額が140万円の我が家の場合、1,000円で15マイル貯まる訳ですから、1,400,000円÷1,000円×15マイル=21,000マイルが1年間で貯まる事になります。ちなみに1万マイルで日本国内の往復旅行一人分となりますので、年会費1,500円(税抜)+マイルアップメンバー代5,000円(税抜)=6,500円で二人分の国内旅行の飛行機代と引き換える事が出来て1,000マイル余る事になります。この恩恵を使って、夫婦で毎年飛行機に乗って国内旅行に行っています。

クレジットカードが使えなかった話

交通費などはクレジットカードで支払う事にしているのですが、前にいつもとは違う駅で定期券を買おうとしたらそこではクレジットカードが使えませんでした。いつもの駅は職員さんに必要事項を書いた紙を渡して購入するというやり方なのですが、そこでは券売機で販売しているという方法でした。券売機ではクレジットカードの使用は不可で現金のみ。手持ちも足りなかった事もありそのまま帰りました。支払の場で現金が必要な場合があるのはわかりますが、同じ内容の買い物で支払の種類が場所によって違うのはどうかと思います。特に定期券の購入はいつもの駅よりも規模の大きい駅なのだからちゃんとクレジットカードにも対応したものにしてほしいです。