クレジットカードを解約するときの注意点

クレジットカードを解約するときには、注意点が沢山あります。まず、解約するクレジットカードで公共料金などを支払っていた場合は、別のクレジットカードに手続きを変更しなくてはなりません。クレジットカードを解約しても公共料金を払っていた会社には一切通知されないので延滞にならないように気を付けましょう。次に、カードを作ってからすぐに解約すると記録が残ってしまいます。短期間での解約の記録は次のカードを作るときの審査に引っ掛かってしまうケースがあります。なので、カードを作ってから解約するまで半年以上は解約をしない方が良いです。最後に、ポイントが無くなってしまいます。貯めてきたポイントを忘れて解約をする方が多いですが、しっかりと解約をする前にどのくらいポイントが貯まっているかの確認をしておきましょう。